豊島区内で「すまい」にお困りの方(子どもを持つ世帯など)へご相談を受け付け

私たち「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」では団体設立以来、「プレーパーク」や「子ども食堂」などでつながった「すまい」についてお困りの方々へ、支援を継続してきました。
そしてこの度、東京都の「居住支援法人」指定を取得。団体としてより手厚い「すまい」に関する支援をおこなうため「WAKUWAKUすまいサポート」事業を立ち上げました。
たとえば、

・ひとり親世帯でアパートを探しているが、内見を断られてしまう……
・子どもが大きくなってきて引っ越しを検討したいが、家賃が高く、部屋探しがうまくいかない……
・家族で住んでいるが、仕事がへってしまい、家賃の支払いが厳しい……
・外国ルーツの世帯です。不動産契約などが難しく不安……

などなど、そのほかにも豊島区内で広く「すまい」に関するお困りごとがございましたら、本ページ下部の相談フォームより「WAKUWAKUすまいサポート」までお気軽にご相談ください。

どのような方にどんな支援を?(過去の支援実績から)

10代の女性からのご相談。
ご本人がWAKUWAKUも連携する支援団体に相談し上京。住まいがない状態だったので、連携支援団体の依頼でWAKUWAKUの子ども専用緊急宿泊場所(WAKUWAKUホーム)に一時滞在。その間に、女性のためのシェアハウスに入所できるよう支援しました。シェアハウスに移った後も安定した状況になるまで各支援団体と連携し継続支援をしています。
15歳の子どもを持つ母親からのご相談
母親が近隣トラブルを抱え、WAKUWAKUに「引っ越したい」と相談。子どもは子ども専用緊急宿泊場所(WAKUWAKUホーム)を利用してもらい、引っ越しのサポートを開始。物件をいくつかご紹介している間に、母親の不安が解消し、引っ越しをしない形となりましたが、その後も子ども共々継続的に支援をつづけています。
40代のシングルマザーの方からのご相談。
子どもが3人おり、狭い劣悪な居住の中で規則正しい家庭生活が不可能となっていました。子どものひとりが高校受験を迎え、その勉強環境を整えるためにも支援を開始。荒れていた部屋の整理(畳の入れ替えや不要品廃棄)を中心におこない、生活の改善に寄与しました。

ご相談されたい方へ

①メールフォームからのご相談
本ページ下部のWAKUWAKUすまいサポート専用メールフォームより、相談内容をご相談ください。(随時受付)
また、ブラウザの状況でフォームが使えない方は下記専用メールアドレスにご送信下さい。
WAKUWAKUすまいサポート専用メールアドレス:sumai☆toshimawakuwaku.com(☆を@に変えて送信するか下記フォームまでご連絡ください)
※メールのご相談は随時受け付けています。3日たってWAKUWAKUすまいサポートスタッフからの返信がない場合は、お手数ですがお電話でお問い合わせください。
②電話でのご相談
WAKUWAKUすまいサポート専用電話番号:050-5490-1175
電話相談時間:毎週水曜日~日曜日の10時~17時(祝日を除く)
③来所面談でのご相談(※必ず事前予約をお願いします)
来所による相談時間:事前予約制(ご希望の時間に合わせることもできます。まずはお問い合わせください)

ご相談メールフォーム