「地域を変える 子どもが変わる 未来を変える」

豊島子どもWAKUWAKUネットワークは、地域の子どもを地域で見守り育てるために設立いたしました。2016年の厚生労働省の発表によると、子どもの相対的貧困率は13.9%であることが明らかになりました。教育格差、貧困の連鎖が広がっています。生活保護を受けている、もしくは年収が生活保護費とかわらないワーキングプアの家庭で育つ子どもが、7人に1人いるのです。地域の子どもを、地域が見守り、学びや暮らしを有機的に支えるネットワークをつくり、子どもの未来を明るく変えていきたいと願っています。さまざまなカタチの居場所を通じて、信頼できるおとなや若者につながったとき、一人の子どもの人生が大きく変わる可能性があると信じています。

WAKUWAKU入学応援給付金

WAKUWAKU入学応援給付金

入学にともなう制服や学用品を買えないご家庭に、返済不要の給付金を届けて支援につなげたい!

返済不要の給付金

令和2年4月に入学・進学される子どもを持つ生活が苦しいご家庭を対象に、返済不要・成績不問の給付金(「WAKUWAKU 入学応援給付金」)をお渡しすることで、経済的な不利益を感じることなく学ぶことを促進すると共に、その後の民間・公的を含めた継続的な支援へつなげることを目的とします。

あなたの寄付の使い道

「部活で使う道具がほしい...」「制服がない...」「副教材が高い...」制服代など入学準備、部活動の道具、学習用教材の購入など子どもの入学に掛かる費用なら、どんなことにでも使える給付金です。

目標金額200万円

公立小学校に入学する子どもがいる世帯:1 万 =20 世帯
公立中学校に入学する子どもがいる世帯:1 万 =20 世帯
高校や専門学校に進学する子どもがいる世帯:4 万 =40 世帯