「地域を変える 子どもが変わる 未来を変える」

豊島子どもWAKUWAKUネットワークは、地域の子どもを地域で見守り育てるために設立いたしました。2016年の厚生労働省の発表によると、子どもの相対的貧困率は13.9%であることが明らかになりました。教育格差、貧困の連鎖が広がっています。生活保護を受けている、もしくは年収が生活保護費とかわらないワーキングプアの家庭で育つ子どもが、7人に1人いるのです。地域の子どもを、地域が見守り、学びや暮らしを有機的に支えるネットワークをつくり、子どもの未来を明るく変えていきたいと願っています。さまざまなカタチの居場所を通じて、信頼できるおとなや若者につながったとき、一人の子どもの人生が大きく変わる可能性があると信じています。

今後の子ども食堂について(要町、椎名町、ほんちょこ、池袋)

今後の子ども食堂について(要町、椎名町、ほんちょこ、池袋)

新型コロナウィルス感染拡大を受け、子ども食堂スケジュールが変更となります。

しばらくの間、お弁当・食材配布または休止です

WAKUWAKUが運営する4つの子ども食堂が、しばらくの間、開催休止となりますが、お弁当配布または食材配布等行っております。今後の状況次第で予約制をとったり、開催時間の変更や切り替えなど行う可能性があります。ご確認の上、ご利用ください!

私たちはコロナ禍の子ども達へ食料支援を継続しています

もっと読む

最近のプロジェクト