コロナ禍で困窮されたご家庭へ支援を続けるなかで、食料が足りないこと以外に、ハード面でのオンライン環境と、それを学び・触れるソフト面での環境が乏しい問題が浮き彫りとなりました。
そこで私たちはどんな状況でも学びの環境が担保される地域社会実現のため「WAKUWAKUオンライン環境を届けるプロジェクト」を開始。
本年度は東京キワニスクラブと日本システムケア㈱からのご寄付、およびみてね基金様からのご助成を頂き、実施しています。

7月より募集を開始し、8月より順次必要な子ども達へパソコンとモバイルルーターのお渡しを始めました。

また、平行して学生ボランティアスタッフが、お渡しした子ども達へパソコンの使い方やアプリのインストール方法などをレクチャーしています。

夏休みに入り、オンラインでの学習会や交流会なども予定しています。
どうか引き続きご注目ください!