WAKUWAKU入学応援給付金は、豊島区内で令和2年4月に入学・進学される子どもを持つ生活が苦しいご家庭を対象に、返済不要・成績不問の給付金お渡しすることで、経済的な不利益を感じることなく学ぶことを促進すると共に、その後の民間・公的を含めた継続的な支援へつなげるプロジェクトです。
詳細は→WAKUWAKU入学応援給付金について詳しく知る

池袋テーブル代表・WAKUWAKUボランティアの國井さんから「ポリフォニーを生み出すWAKUWAKUの活動」

学生と社会人が主体的に行動し、地域の方々と協力しながら中学生・高校生と主に「食と学び」の場を作っている団体「池袋テーブル」代表であり、WAKUWAKUの活動にも深く関わって下さっている國井紀彰さんから、活動に関わって感じていることをうかがいました!

= = =

先日、豊島区の福祉作業所のパン屋で、社協などが主催の「第3回いけぶくろなかよし音楽隊」がありました。

そこに、NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークの学習支援に来ているネパールの子たちと学生さんたちと参加。「きらきら星」をネパール語で歌ってきました。

サラリーマン(30歳)にとって、ネパール語で「きらきら星」を歌うことは人生のプランに全くなかったので(笑)緊張しましたが、とてもカジュアルで良い雰囲気だったので普通に歌うことができました。

この雰囲気の良さを、8月にあった國分功一郎氏と斎藤環氏の対談で知った言葉で表現すれば、「ポリフォニー」だと思います。

 

ポリフォニーは、多声音楽、多声性を意味するのですが、ロシアの思想家ミハエル・バフチンがドストエフスキーの作品を批評したときに用いた言葉であり、オープンダイアローグという統合失調症やうつ病、引きこもりなどの治療に成果をあげている対話療法の中では、重要な概念として位置付けられてもいます。

そんなポリフォニーについて、オープンダイアローグをフィンランドから日本に持ってきた精神科医の斎藤環氏は次のように語っていました。

(《中動態×オープンダイアローグ=欲望形成支援》「第2回オープンダイアローグの衝撃―」斎藤環 http://igs-kankan.com/article/2019/10/001199/

「バフンは、他者の視点と自分の視点は絶対に相容れないことを強調します。相容れないがゆえに、他者の視点は、自分の視点と同じくらい尊重されるべきである、と。そして、自分と他者は決定的に異質であり、それゆえに対話が可能になるとも述べています。この異質性を尊重する姿勢が『ポリフォニー』です。」

「対話にっては、ポリフォニーが大事なんです。みなさん、ポリフォニーの対義語ってわかります? モノフォニーですね。実はもう一個あって、これは精神科医の森川すいめいさんの指摘ですが、シンフォニーです。シンフォニーとポリフォニーは対立する。つまり調和じゃないんです、ポリフォニーは。」

要するにポリフォニーとは、異質な他者が互いにその異質性を尊重しながら共存できる状態、なのだと思います。

今回のイベントは、(便宜的に使いますが)障害のある人・ない人、ネパール・中国・日本の人たちが歌を通して自分たちの存在を表現し、その複数性が尊重され、共存しているものでした。

NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークは、地域の様々な背景を持つ親や子ども、地域の方々と、ポリフォニーを生み出すような活動をしているなと、毎週の学習支援に参加しながら感じています。

ご寄附に関しての詳細は、こちらの画像をクリックしてください↓↓