WAKUWAKU入学応援給付金は、豊島区内で令和2年4月に入学・進学される子どもを持つ生活が苦しいご家庭を対象に、返済不要・成績不問の給付金お渡しすることで、経済的な不利益を感じることなく学ぶことを促進すると共に、その後の民間・公的を含めた継続的な支援へつなげるプロジェクトです。
詳細は→WAKUWAKU入学応援給付金について詳しく知る

利用者の声①「長男と三男の進学が重なり一番大変な時期だったので助かりました」(受け取った子どもの父)


豊島区内で来年度入学・進学される子どもを持つ生活が苦しいご家庭を対象に、返済不要・成績不問の「WAKUWAKU入学応援給付金」をお渡しすることで継続的な支援へつなげる本プロジェクト。企業からのご支援で実施出来た2017年・2018年では、2年間で110世帯へ給付金支援を届け、新しくつながったご家庭の半数以上の家庭を継続支援につなげることが出来ました。

今回から実際に利用された方の声をご紹介します。まず最初は、2018年に応援給付金を受け取られた子どもの父に、当時の状況をうかがいました。

■Aさん(給付金を受け取った子どもの父)
===================
給付金を頂戴した2018年は、長男と三男の大学・高校入学が重なり、一番大変な時期だったのでとても助かりました。

男親として仕事をしながらの子育てで、支援等の情報を得る機会もなく給付金を通してWAKUWAKUさんと繋がり、制度や情報、子育ての考え方等を知るきっかけにもなりました。

三男は勉学が苦手で、都立校への進学は難しく私立でも支援制度で授業料が軽減されると知り、そちらに進学することにしました。とはいえ、入校時の物品購入出費は予想以上で、給付金はとてもありがたかったです。

学校では冬のコートは希望者のみに販売するとしながらも、学校指定のコート以外は着用不可との事でした。4万給付金が無ければ買わない選択をしなければいけなかったかもしれません。あれから2年半が経ち、土日も仕事がある私に代わり、今ではその三男がパントリーピックアップに食料をもらいに行ってくれています。今年高校卒業した次男は、日曜定休のときに、WAKUWAKUさんのボランティアに参加させていただいているようです。

辛い思いもさせましたが、少しずつ成長していく息子たちの姿が、親としてとても嬉しいです。

昨年、WAKUWAKUさんの依頼で、地域の中3生の男の子を、息子が通う高校の見学に案内しました。これからは私も、地域で同じように一人で子育てしている人のために、少しでも役に立てるよう動いていきたいと思っております。

ご寄附に関しての詳細は、こちらの画像をクリックしてください↓↓