池袋WAKUWAKU勉強会は、学生・社会人ボランティアを募集中

池袋WAKUWAKU勉強会は、学生・社会人ボランティアを募集しております!!

学生・社会人のみなさん!
子どもと一緒に勉強したり、遊んだりしてくださる、学生・社会人ボランティアを募集しています。地域に集まる少し年上の先輩として、子どもたちと関わってみませんか?

【募集内容】
a. 小中学生の勉強を見てくださる方(学校の宿題/補習など)
b. 外国人の子どもに日本語を教えてくださる方
c. 外国人の子どもに対する日本語指導の知識や経験をおもちで、指導方法等についてアドバイスをしてくださる方。
*abともに、勉強後に子どもと遊んだり、話しを聞いたりしてくださる方。

【場所】
池袋第二区民集会室(区民ひろば池袋)
(東京都豊島区 池袋4-21-10)

【日時】
毎週火曜日(祝祭日を除く)15時30分から19時30分まで。
*ご都合の良い日・時間帯のご参加でOKです。
(小学生は16:00-18:00、 中学生は17:00-19:00の参加者が多いです)

【勉強会イメージ】
私たち池袋WAKUWAKU勉強会は、地域の子どもたちに学びの場を保障するため、無料学習支援を実施しています。同時に、地域の子ども・学生・大人の地 域交流の場になりたいと考えています。この活動を通じて、地域の課題を地域で解決していくために、子ども・学生・大人のみんなで話し合い、行動していける ような、そんなコミュニティ空間づくりを目指しています。

【参加者】
〈子どもたち〉
地域の子を地域の方が連れてきてくださったり、子どもが友だちを連れてきてくれたりします。そのなかには、困難を抱えている子たちもいます。

〈大人・学生たち〉
地域の方々と大学生のボランティアが中心となり活動しています。
また、社会人の方々には、時間に都合が付くときに参加して頂いています。

(学生からの声)
・子どもと一緒の目線で勉強する中で、彼・彼女らと一緒に自分が成長できている気がします。
・ 子どもの貧困という世の中の課題が身近にあることを体感できた。
・取材や役所の方が来ることが多く、そのような方と話をする中で、この活動が今の世の中を変えるものになっているのではないかと思うようになった。
・この活動の一環で、民間の地域力(ソーシャルキャピタル)を活用した新たな支援を学生同士で立ち上げ、それに参加することで、子どもの貧困だけでなく、地域づくりも学べている。

【こんな方に来てほしい】
☆子どもの成長のために何かしたい!
☆勉強を教えたい!
☆日本語教育について学んでいて、知識や経験を生かし子どもに教えたい!
☆日本語教育の知識や経験はないが、子どもに日本語を教えたい!
☆週に1回ボランティア活動をしたい!
☆地域づくりに参加したい!
IKEBUKURO TABLE (地域の皆さんのご支援をうけて、WAKUWAKU勉強会から生まれた学生中心の取組の例)

※その他に、WAKUWAKUも協力している無料学習支援のグループがございます。
◎クローバー・・・・・上池袋第一まちづくりセンター
【毎週】水曜日 16:00~19:00
◎クローバー朋有・・・・・区民ひろば朋有/ジャンプ東池袋
【毎週】木曜日 15:30~19:00
にて開催しております。こちらも下記”お申込み先”からお気軽にご連絡ください。

【お申し込み先】
[1]氏名(ふりがな)
[2]住所
[3]電話番号
[4]メールアドレス
[5]年齢(学生or社会人か)
[6]ボランティア可能な時間帯及び場所を明記ください。(募集は、以下3つございます)
・池袋WAKUWAKU勉強会
【毎週】火曜日 15:30~19:30
・クローバー(上池袋第一まちづくりセンター )
【毎週】水曜日 16:00~19:00
・クローバー朋有(区民ひろば朋有/ジャンプ東池袋)
【毎週】木曜日 15:30~19:00
[7]指導経験などあれば教えて下さい。(なければ無記入で大丈夫です)
[8]ご質問などあれば

をご記入の上、こちらのメールアドレスにてご連絡ください。
Mail・・・・・ info@toshimawakuwaku.com

よろしくお願いします。